読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

caminote

caminoのnoteでcaminote(カミノート)。日々の思いをつらつらと。

3年ぶりのスキー!

先日、久々にスキーに行ってきました。実に3年ぶりです。

なのでめちゃくちゃテンション上がりました。

場所はこちら、佐久スキーガーデンパラダです。

パラダ ロゴ

当日は幸いにも天気に恵まれたため、いい写真が撮れました。

その内いくつかをご紹介します。

(※写真はサムネイルでアップしています。クリックするともっと大きなサイズのものが見られます。)

写真

入り口はこんな感じ。やや逆光気味。

左の建物がチケット販売所で、右の建物には更衣室やレストランなどがあります。

写真さん

いざゲレンデへ!

更衣室でウェアに着替えて外に出たら、いきなりこの白銀の世界。と言う割には木にあまり積もってないけど

そりゃあテンションも上がるってもんです。

そしてスキーと言えばやっぱり……

IMG_0033.jpg

リフト!

久しぶりなのでちゃんと乗れるか不安でしたが、大丈夫でした。

ただ、恒例の「膝ドン(※)」もくらってしまいました。

リフトのスピードが割と早かったため容赦ない一撃を受けてしまいました。

親切なスキー場では座る直前にスピードを緩めてくれる事もあるのですが、

ここはそうではなかったようです。慈悲などなかった。

※ 膝ドン=リフトに座るタイミングが遅れた時に、膝の裏にリフトの座る部分の板が激突する現象。痛い。膝ドンを回避するには荒ぶるリフトを一旦お尻で柔らかく受け止めてあげるといい。お尻なら当たってもそんなに痛くないからだ。その後身体をスライドさせてしっかりと腰を落ち着ける事をお忘れなきよう。ちなみに、膝ドンというのはただのcaminoの造語である。ドンドン使って欲しい。

リフトから降りて、いよいよ滑り出します。

IMG_0039.jpg

リフトから降りたらこの景色。綺麗。

いい眺めですね。スキーの醍醐味の一つです。

後はもうひたすら滑りまくりました。

不幸にも雪の量の関係で滑る事の出来るコースは3つしかありませんでしたが、

もう何も考えずに同じコースを何度も滑りました。

でもそれだけでも楽しかったです。かなりブランクがあったからでしょうか。

この後はひたすら撮った写真を貼って行きます。

s_写真です

リフトその2。ちょいちょい地肌が見える。

s_IMG_0046.jpg

と思ったらこんな物が。スキー場とは思えない。

IMG_0050.jpg

それでもやっぱりゲレンデは雪まみれ。安心。

IMG_0047.jpg

おや……分かれ道。もちろん上級!

IMG_0048.jpg

アッ……。

IMG_0035.jpg

新雪?

写真

何故かここだけ真っ白だった。きれい

いかがでしたか。

時期が早過ぎたためか雪がやや少なくて滑られるコースも限られていましたが、

天候に恵まれた楽しいスキーでした。

また近いうちにスキーに行きたいものです。