読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

caminote

caminoのnoteでcaminote(カミノート)。日々の思いをつらつらと。

4、5月のエヴァ

お久しぶりです。随分更新が途絶えてしまいました。

色々と理由はあるのですが、最大の理由は

「『スーパーダンガンロンパ2』や『デビルサバイバー』といったゲームのプレイに忙しかったから」です。

それらのゲームの感想もいずれ書きたいです。

ちなみに、2つとも友人から借りたソフトです。貸してくれた友人には本当に感謝。

さて今日の本題は、長らく更新の止まっていた「今日のエヴァ」もとい「先週のエヴァ」のコーナーです。

このコーナーはcaminoがその日(その週)にエヴァのどの話のどの部分を見たのかを、半ば自分の記録のために記す、というコーナーです。

1ヶ月以上更新が止まっていたので「今日」も「先週」もありませんが、

とりあえず更新の止まった日から5月末に至るまでの全ての日のエヴァの視聴状況を記録します。

<4月>

14:3号機と初号機の戦闘(TV版と破の両方)

15〜17:休養

18:TV版9話の音楽に合わせてアスカとシンジが使徒を殲滅するシーン

19:旧劇場版でミサトがシンジに初号機に乗るよう説得するシーン

(両者の声優の迫真の演技が光るシーン。切ない曲調のBGMが雰囲気を盛り上げる。caminoのお気に入りシーン。)

20:序のシャムシェル(※)戦

 Qの冒頭のシーン

 (※TV版の呼称。)

21:破の「海洋生態系保存研究所」に入るシーンからレイがみそ汁を飲むシーンまで

22:休養

23:TV版24話の、第九が流れ始めるシーンから最後まで

(音楽と映像が妙に合っているように感じられるシーン。)

24:Q全て

(この日QのDVDが届いたので、Qの最初から最後まで通しで見た。巨神兵も一緒に見た。)

25〜28:前日のQのため長期休養。(その間Gyaoで期間限定無料配信されていたファーストガンダムを見ていた。)

29:Qの第九が流れているシーン

30:休養

<5月>

1:休養

2:Qの冒頭のシーン

3:Qのシンジとアスカがガラス越しに対面するシーンからアイキャッチヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」まで

4:休養

5:Qの光の柱が発生するシーンからミサトの「何もしないで」まで

6:休養

7:Qのセントラルドグマ最新部に改2号機が下りてくるシーンからアスカの「ずるっ!」まで

(アスカの撃った弾丸(?)がMark.09のゼーレの仮面に飛んで行くシーンの躍動感がすごい。)

 ミサト「何としてもフォースの発動を食い止めるのよ!」

(本当にこのセリフの部分だけ再生した。このセリフを言っている時のミサトの声がたまらなく好き。)

8:Qのアスカの「ずるっ!ゼーレのやりそうなことね」から最後まで

 TV版21話で一人目のレイがナオコの所に迷い込んでくるシーンからナオコが投身自殺するシーンまで

9:休養

10:Qの最初からミサトの「何もしないで」まで

 破のゼルエル戦(BGM、Carnageが流れているシーン。つまり初号機覚醒の直前までのシーン。)

11,12:休養

13:旧劇場版の量産機と弐号機の戦闘シーン

(この戦闘は途中に別のシーンが入るので通しで見ると分断されるが、別のシーンは全て飛ばして見た。)

 Qの12番目の使徒が登場するシーンから第九が流れる直前まで

14~16:休養(スーパーダンガンロンパ2が佳境に入っておりエヴァどころでは無かった模様。)

17:Qの光の柱出現からミサトの「何もしないで」まで

18:休養

19:旧劇場版のレイの腕がもげるシーンと、シンジがアスカの首をしめるシーンから最後まで

20:Qの霧が晴れるシーンからアイキャッチEVANGELION:3.33 You can (not) redo.」まで

21:休養

22:Qの冬月がシンジにユイの写真を見せるシーンからシンジが積み上げた本を突き倒すシーンまで

(積み上げられた本の横でシンジがうずくまっているシーンは何ともシュール。)

23:シンジが積み上げた本を突き倒すシーンからカオルがピアノの鍵盤を叩きながら「時が来たね」と言うシーンまで

 Qのセントラルドグマ最新部に改2号機が下りてくるシーンからシンジが「カオル君も手伝ってよ!」と言うシーンまで

24:QのMark.09がヴンダーにビームを放つシーンからミサトが「シンジ君……」と言うシーンまで

25:破の「今日の日はさよなら」が流れているシーン

26:休養

27:破の弐号機が水上の使徒を殲滅するシーン

 DEATHのチャプター8〜10と14

(インパクトの強い「Air/まごころを、君に」の陰に隠れて存在感が薄くなりがちなDEATHだが、

例の独特のフォントが頻繁に画面に映される演出は中毒性が高い。)

30:Qのシンジが冬月の部屋から出た後のシーンからSDATを放り投げるシーンまで

 旧劇場版の日向の「外はどうなってる!」から弐号機の活動限界まで

31:休養