読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

caminote

caminoのnoteでcaminote(カミノート)。日々の思いをつらつらと。

物理部のはなし。

完全に内輪ネタです。

我が校の物理部員にしか分からない話をします。本当は物理部のブログに書こうと思ったのですが、パスワードを忘れてしまったのでここで。

先日、学校の図書館に本を返すついでに随分久々に部室に行ったらドアの裏側にある高3部員が書いた文書が貼ってありました。

その文書には、江戸時代の「算額」の物理版をやらないか♂という話が書いてありました。高3になってもこういう提案が出来るというのはすごいと思います。

文も上手だと思います。今となっては部外者なcaminoでもやる気が出そうになります。

物理部にどっぷり居座り続けてかつ部に貢献する所がほとんど無かった(強いて言うなら掃除をした位)caminoは、あんまりズルズルいるのも迷惑だと思ったので高2の記念祭が終わったらもう気分はOB、悪くいえば部を捨てる位の気持ちでいました。そして今もそうです。もう殆ど部には関わってないです。

そんなcaminoとしては、上記の提案をする事が出来る彼はすごいなー、ともはや他人事のように思ってしまうのです。

ところで気になったのが、この文書、いつ貼られたのでしょうか?そして一緒に貼ってあった問題は解かれてるのでしょうか?

もしかしたら「大昔の話題を今更になってぶり返した」みたいな感じになってるかもしれない、、、と少し恐れている次第であります。

あ、そうそう。この部室に行った時ついでに書き置きを残しときました。誰か気づくといいなあ。そしてそこでこのブログの宣伝もしちゃいました。我ながら何やってんだか……

次に部員に会う時は晴れやかな気分で追い出される、という状況でありたいので、この夏はしっかり勉強を頑張りたいと思います。

そういや、「誰かさんの立候補声明文」って何だったんだろう?(小声