読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

caminote

caminoのnoteでcaminote(カミノート)。日々の思いをつらつらと。

くちうつし♂

『星のカービィ20周年スペシャルコレクション』の「ゲームセンターCX 有野の挑戦」(※1)を今更ながら見ました。公式サイトにある動画からは同作に収録されている『星のカービィスーパーデラックス』の『格闘王への道』(※2)というモードのプレイ動画を見られます。

見て思ったのは「くちうつし」(※3)は良システムだなあという事です。caminoも友人とカービィWiiをプレイした時くちうつしで盛り上がった経験があります。有野さんも言っていたように女性と「くちうつし」出来たら面白そうですね。女性同士の「くちうつし」も見てみたいかも。。。

ついでにこの「スペシャルコレクション」の紹介映像も改めて見ました。初代カービィのオープニングのレトロなBGMから「スペシャルコレクション」の豪華なBGMへと繋ぐ演出は見事だと思いました。あと「もっとチャレンジステージ」のBGMも良いアレンジに仕上がっていたと思います。

何はともあれ『星のカービィ20周年スペシャルコレクション』の発売が楽しみです。ゲームのプレイは受験後にまわしますが、カービィヒストリーやサントラ、設定資料集は勉強の合間にじっくり堪能します。

それともう一つ、この方のご紹介。

鬼教授。インパクトが強過ぎる。。。

いつ見てもすごい顔。

これは3DS用ソフト『東北大学加齢医学研究所川島隆太教授監修ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング』、通称「鬼トレ」に登場する鬼になった川島教授です。この作品はDSで出た「脳トレ」シリーズの続編?にあたる物です。ただ「脳機能の低下を防ぐ効果が期待出来る」「脳トレ」シリーズと違い「鬼トレ」は「脳機能向上の効果が期待出来る」そうです。

名前の由来は脳機能を向上させるためトレーニングが鬼のように辛くなるから鬼トレ、だった気がします。ニンテンドーダイレクトで言っていたような。。。曖昧な記憶ですが。

詳しい解説は公式サイトに譲りますが、ソフトの説明を見ていて学生でもプレイする価値のあるソフトだと思いました。露骨に「テストの点数が上がるかも」って書いてあるし。何よりも公式サイトで言及されている「情報中毒」に非常に心当たりがあるので、このソフトは気になっています。

詳しい解説は、公式サイトや「ちょっとNintendo Direct」(動画。二つの生首が会話をする姿はシュール。)をご覧下さい。

今回はこの2つのゲームの紹介でした。

<注釈>

※1フジテレビCS放送フジテレビONE及びフジテレビNEXTで放送されているバラエティ番組「ゲームセンターCX」の番組内のコーナー。お笑い芸人の「よゐこ」の有野さんがゲームをプレイして与えられた課題をクリアする、という企画。一部動画がNintendo eShopなどで配信されている。

※2カービィシリーズにはほぼ毎回採用されているボスバトルモード。「スーパーデラックス」や「Wii」ではこの名称が採用されている。

※3多人数プレイ時、カービィが回復アイテム(大抵何かの食べ物)を取った直後に他のカービィ(及びヘルパー)に触れると触れられた側のカービィも回復出来るというシステム。その時カービィ同士がキスしているような動きをする。くちうつしですもの。